秘密のエッチ体験談まとめ

人妻と熟女のエピソードを中心に、その他さまざまなエッチな体験談を掲載しています
秘密のエッチ体験談まとめ TOP  >  ナース・働く女性 >  AV女優入店(1)

AV女優入店(1)

あれは俺が21歳だったように思う。22歳だったかもしれない。
当時そこそこの人気があった単体女優との卑猥な物語だ。
10年以上も前といえば、今ほどAV女優の質は高くなかったような気がする。
どこの学校のクラスにでもいるちょっとかわいい感じのお姉さんがAV男優にめちゃくちゃにされるという平凡なコンテンツな時代。


しかしそこにはその時代なりの良さがある。男が身近な感じの女のセックスを覗きながらただひたすらシコる。
そんな古き良き時代である。

俺はある日、インターネッツで日課のファッションヘルス検索をしていた。まだダイアルアップの時代であったような気がする。
そうするとある店舗の情報が目にとまった。

「大物」新人デビュー!とあるではないか。

よくよく見るとそのお姉さんはどこかで見たことがある。そうだ、このお姉さんはブラウン管の中でアハンうふん言ってたあのお姉さんだ。

俺はダッシュでその店に予約電話を入れた。運良く翌日の予約が取れた。というより、当時は今ほどヘルスも人気嬢即日ソールドアウトという時代でもなかったかもしれない。

とにかくそんなわけで俺はTSUTAYAに走りそのお姉さんのAVを3本借りた。そしてその晩、120分×3本をノー早送りのぶっ通しで観たのである

ちなみに3本のうち1本は緊縛ものだった
俺は当時22かそこらのAVお姉さんが縄で縛られて自由を失われながら汚い俺男優に犯されているのをみて超興奮したのである

AV3本、計15本程度のチンコにハメ倒されているAVお姉さんを観て、俺はこのAVお姉さんとセックスしたくなった
しかしそのAVお姉さんの在籍店はファッションヘルスである
つまり本番がない

嬢によってはもちろん本番も円番もできるだろうが、この大人気の単体AVお姉さんがそんな安売りをするとは思えない

俺は作戦を考えた
そうだこのAVお姉さんと友達になろう。そして仲良くなってヤらせてもらおう
俺はとりあえずファミリーマートで美味しいスイーツをたんまり買って、ヘルスに向かった

そしてご対面。
テレビモニターから出てきたAVお姉さんを生でみて俺はドキドキした
そこはファッションヘルス兼イメクラであったのでお姉さんは女子高生の制服を着ていた
俺のチンコはレベル50の棍棒になった

というわけで作戦決行
俺はファミリーマートスイーツコレクションを袋から出して床に並べた
飲食は禁止なんですケド…
と言われたが、俺は意に介さず俺オススメのスイーツをお姉さんにすすめた

ところでこのお姉さんは背が小さい。155cmはないだろう
実に細身でオッパイもBカップくらいである
顔はかわいい。誰似かをいうと特定されるので今はやめておく

そんなわけで、俺はひとりでスイーツを食い始めた
AVお姉さんは俺の奇行にかなりビビっていたが、俺が今日はAVお姉さんに会いにきただけで、エッチなプレイはしないから一緒に食べらプレイをしよう
というと、お姉さんもついにはニコニコしはじめスイーツ選びはじめた

そして60分間黙々とスイーツを食べて帰った

まずは強烈な印象を残して覚えてもらうという俺の作戦どおりである
最終目標はこのお姉さんをヒモで縛ってハメ倒すことである
そのためのフェラ禁は今は甘んじて受け入れよう

そんなこんなの意味不明なヘルス通いを3回した
この俺が合計180分以上、エッチな空間でエッチなお姉さんとの接触を断つのである

俺はなんとしてもこのAVお姉さんとヤりたい
そんなわけで通うこと4回目。

俺とAVお姉さんの間にはファッションヘルスの空間らしからぬ空気が流れていた
突っ込んだ話は一切しない
会話といえば、ただの世間話
もちろんお姉さんがAVに出てることを知っている話も、まして俺が帰宅したらお姉さんのAVをオカズに抜いている話もするわけがない

そうして俺とAVお姉さんはなんとなく友達になった
あくまで向こうは俺の下心をわかっていたが、俺が店でなにもしないのできっと負い目を感じていたに違いない

風俗嬢はガツガツした客にはめっぽう強気になれるが、逆になにもしない客には優しいというか弱い
風俗嬢は高い金の対価を自分が返せないとなにか弱気になってしまう人種なのである

それが彼女らのプライドであり自分の仕事を支えるモチベーションなのだ
客がスッキリして、よかったよ!と帰ってもらうのが彼女らのサプリなのである
そこへただ単にスイーツを食べて帰られてはいろいろと不安になる

俺はそうして人の心理を読むというか、弱みにつけこんでお姉さんの気持ちを動かそうとした
そして俺はその日、お姉さんを食事に誘う
繰り返すがお姉さんはただでさえ、俺が無意味に通ってくることに負い目を感じている
食事くらいなら外で会ってもいいかな…と思ってくれるのである

そういうわけで、AVお姉さんの返事はOKだった
俺とAVお姉さんは鉄板焼き屋に食事に行った
お姉さんが選んだ店である

俺がずーっと隠していたレベル50の棍棒、つまりカチカチの肉棒を今日、お姉さんにきっとぶち込む日なのである

俺はワクワクしながらAVお姉さんとの食事を楽しんだ

お姉さんは店での感じとは違い、結構フリーダムな人だった。風俗嬢はそういうパターンが多い
喋り方も話す内容も店と外ではかなり違う

店では客として扱い気を使うが外では単なるワガママな女になったりする
まあそんなの当たり前の話だが、このお姉さんもそうだった

お姉さんはなんで私のことが好きなの?と聞いてきたので、俺は人を好きになるのに理由なんてないッ!
と寒いことを言った

次の瞬間、お姉さんがでも私風俗嬢だし、しかもAVとか出てるよ、と言ってきた
もちろん俺はそんなこと百も承知だが、え?そうなの?と目を丸くして答えてみた
どうでもいいが俺は子供時代、子役としてテレビに出ていたことがある(エキストラ)という芸達者である

気にせぬ素振りでお好み焼きやらをガツガツ食べていたら、AVお姉さんは、食べっぷりがいいね、と微笑んでいた

そうだね、俺は食べ物と女はいくらでもいける

その後、酒を飲みながらいろいろな話をした
やっぱり話を聞いていると、風俗嬢やAV嬢はちょっと頭が狂っている…
というのは俺も頭が狂っているので当たり前として、なにやら家庭環境に大きな問題を抱えていることが多いような気がする

俺はそんな身の上話を聞いていたらなんだかこのAVお姉さんのことをエロい目だけでみなくなってきた自分に気づいた

風俗嬢は白黒ハッキリしてることが多いというか、ふだん警戒心が強い代わりに、警戒を解くとあっという間、というのがこれまでの俺の経験からの感想だ

AVお姉さんは食事の後で自分のマンションまで送っていけと俺に言った
そんなに簡単に家を教えるのはどうなのか…なんて思わずウキウキして送っていった

しかし…!
俺はちょっとためらった
ここで家に上がりこんでヒモで縛って棍棒を差し込んだら、このお姉さんはちょっとかわいそうではないだろうか

俺らしくないが、そのときはそんなことを思ってしまい、送ったもののそのまま帰ることにした

ちょっと寄っていけばいいのに、的な空気を受け取ったが俺は帰ってしまった
そして家に帰ってAVお姉さんのビデオでぬいた

ちなみにAVお姉さんのマンションはさすがに立派な建物だった

そんなわけで、メールやら電話やらのやり取りを続けて1カ月くらい経っただろうか
ときどき会ったが、ただ食事をして帰る間柄が続いた
しかし若いふたりがすぐに好意を寄せ合うようになったのは言うまでもなあ

ときどきAVお姉さんは今、撮影中とかいうメールをくれた
そんなときの俺は興奮6割悲しい3割、撮影現場を覗きたい1割の心境だった

そんなある日、AVお姉さんと遊ぶ約束をして、その日はついにお姉さんが俺の家に遊びにくることになった

俺は大量の酒と食糧を買って、その後AVお姉さんを迎えにいった 




[ 2019/03/08 ] ナース・働く女性
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する