秘密のエッチ体験談まとめ

人妻と熟女のエピソードを中心に、その他さまざまなエッチな体験談を掲載しています
秘密のエッチ体験談まとめ TOP  >  姉・妹・他の親族 >  姉と美樹ちゃん(1)

姉と美樹ちゃん(1)

俺は中1のとき既に性に興味があり、そして飢えていた
俺には5つ上、つまり高3の姉がいた
姉はめちゃくちゃかわいいというわけではなかったと思うがとにかく胸がデカかった
当然だが、クラスの女子とは比べものにならない
俺はどうしても姉をエッチな目で見てしまった
夏休み明け、姉は受験生だし7時頃までは学校に残って勉強してるから姉の部屋で何しようがばれない


親も共働きだから帰るのが遅い
そんな浅はかな考えで俺は姉の部屋に入った
まあやっぱりまずは下着が見たい

ブラジャーやパンツはいろいろなものがあり、白、水色、ピンクなどが多かった
まあそれでも紫とか赤もあったが
女子高生ってこんな派手なの着けてんだ、とか思った

あんまりさばくるとばれそうなんでその日はそこでやめた
そして癖になってしまいほぼ毎日やってしまった
そしてそれから2週間くらいたったある日、姉が俺の部屋に来て、

「イサム(俺のこと)、私に何か言うことない?」
「言うこと?別にないけど」
「実はね、私の下着が荒らされてるみたいなんだよね。あんたなんか知らない?」
俺は驚いて少し黙ってしまった

「やっぱりね。まあ興味持つのはわからなくもないから今回は見逃すけど、もうやめてね」
正直なんでばれた?って感じだった
まあでも、姉も大事な時期っぽいし少しの間控えることにしたそして俺は学校でその話を仲のいい加藤と三田に話した

加藤「バカじゃんお前、てゆーかすげえ度胸あるな」
三田「俺らも呼んでくれよー、ちなみにブラどんなだった?」
俺「デカかった、てゆーかFカップだった」
加藤「Fって相当じゃね?」
俺「だからまあ価値はあったよなー」
加藤「あれ?確か三田も姉ちゃんいたよな?いくつだっけ?」
三田「高2だよ。言っとくけど下着は見ねーぞ」
俺「なんでだよー、いいだろー」
三田「やだね、ばれたらやだし」

それからぐだぐだ話してるうち、三田は何カップか見てくることになった
結果、三田の姉はCカップだとわかった
まあ普通の大きさだろう
そうなってくると俺の姉はやっぱり巨乳なんだと思う

そして俺ら3人はますます俺の姉に興味が出てきた
何とかして見たい、てゆーか触りたい
俺らは3人とも当然のことながら童貞で、興味が出てからは生で見たことなど1度もない
俺は姉の風呂を覗こうと思ったことはあるが、ビビッて1度も覗いたことがないヘタレだ
そして俺らはなんとかして胸を見たり触ったりできないものかと考えた

弱みを握るとかもありだと思ったが、流石にそれはどうかと思い、とにかく頼み込むことにした

姉は土日も学校やら図書館やらに勉強しに行っていて、家にはほとんどいない
だけど11月に姉は推薦入試を受けて、受かれば土日は家にいるとのことなのでそこを狙うことにした

そして11月の終わり、姉は見事合格した
俺ら3人は合格発表の次の日曜日に姉の部屋に行き、
加藤「あのー、ちょっとお願いがあるんですけど」
姉「私に?何?」
いざ言おうとするとやっぱり恥ずかしい

三田「えっともし、僕らがお姉さんにおっぱいが見たいって言ったら見せてくれますか?」
一瞬空気が固まったのを憶えてる
姉「は?おっぱい?」
俺「やっぱ戻ろうぜ、俺が恥ずかしい」
姉は少し黙っていた

三田「お願いします、マジでほんと、どうしても見たいんです」
姉「えっ、本気で?」
三田「もちろんです、お願いします」
姉「見たいのはわかるけど、なんで私?」
三田「お姉さんのがいいんです」
姉「いやでも流石にそれは無理でしょ」

それから粘ってみたが結局見せてはもらえなかった
まあ当たり前っちゃあ当たり前だが
2人が帰った後、
姉「なにあれ?どういう事?」
俺「えーと、まあそのまんまだよ。単純におっぱいが見たかっただけ」

それから1週間くらいたったある日の夜、姉が俺の部屋に来て、
姉「前の胸が見たいって話だけど」
とか言ってきた
俺は正直恥ずかしすぎて忘れたかったことなので黙った

姉「お母さんたちが旅行でいない今度の3連休なら見せてもいいよ」
俺「えっ、それ本気?」
姉「本気だよ。それと私1人じゃ嫌だから私の友達呼ぶから」
俺「マジで、てゆーかなんで急に?これだましじゃないよね」
姉「それと呼ぶのはあの2人だけね」

まさか本当に胸が見られるとは。
しかも1人じゃ嫌だから友達連れてくるってことはその友達のも見れるってこと。
もうウハウハだった
だけどなんで急に気が変わったのかがよくわからなかった

両親は土曜の朝に家を出て、月曜の夜帰ってくる
わざわざ親のいない休日を選んだのだから見る以上のことも期待していいんじゃないかと思っていた

そして土曜日の午後、俺の部屋に集まった
姉の友達は美樹ちゃんといい、その日は寒いのにミニスカートでめちゃよかった
顔はまあ普通って感じだった

美樹「じゃあ、揃ったみたいだしはじめよっかぁ」
結構明るくて元気な人みたいだ

加藤「てゆーかなんでOKしてくれたんですか?」
美樹「あー、私らもう受験ないから暇だし、まあなんか面白そうだったからねー」
美樹ちゃんが姉の胸を後ろから持ち上げた
美樹「この胸が見たかったんでしょー」
姉は恥ずかしそうに抵抗している

美樹「いいじゃん、いいじゃん。後でどうせ全部見せるんだからさ」
その光景だけでもめちゃエロく感じた

美樹「じゃあそろそろ脱ごっかなー、どっちからみたい?てゆーか私のも見たい?」
加藤「もちろん見たいです」
姉「脱ぐのは2人一緒にだよ」
美樹「A(姉のこと)は恥ずかしがりやだなぁ、じゃあ脱がせたい人ー」
三田「いいんですか」
姉「ダメダメ、自分で脱ぐ」
美樹「だそうです、ごめんねー」

まあ冬だし2人とも結構着てた
そして2人ともブラジャーになった
さっきまではしゃいでた美樹ちゃんもやっぱり恥ずかしかったのか顔を赤くしていた

手で胸を隠す感じがたまらなかった
そこから見える谷間は最高だった
確か姉はピンクのレースで美樹ちゃんは青の結構派手なやつだったと思う

三田「じゃあ最後までお願いしまーす」
2人共ホックは外しておいてせえので取るようだ
俺はすでに起ってた
そしておっぱいが出た
姉の胸は想像以上にデカかった

形は少し下を向いてて釣鐘型ってやつだったと思う
美樹の胸は、大きさは姉ほどではないが張りがある感じできれいだった
流石女子高生とかめちゃ思った

美樹「じゃあ感想はー?」
俺「もうやばいです、美樹ってそれ何カップですか?」
美樹「えーと、私は三田だねー。AはFだっけ?羨ましいなー」
姉「そんなことないよ、美樹だって結構大きいじゃん」
加藤「どうせなら今からバスト測りません?」
俺「てゆーか、どうせならスリーサイズを」
美樹「スリーサイズは無理。バストだけねー」
三田「ちょっと待って、その前にやることがある」
美樹「やること?あー、わかった。触りたいんでしょ」
三田「だめですかね」

俺は測るときに揉んでやろうとか思ってた
美樹「まあいいよー、触っても。どうせ測るときに触られるだろうからねー」
そして3人で2人の胸を触った

2人の胸はやわらかかったが美樹のは張りがあって少し硬さがあった
触っていると乳首が少し硬くなったのがわかった

姉「ちょっと、触るだけだってば」
どうやら三田が姉の胸を舐めたらしい
三田「もういいじゃないですか、俺もう我慢できないんですよ」
そう言って乳首にしゃぶりついた

姉「きゃっ、ちょっと待って」
それを見て俺と加藤も我慢できなくなり2人で美樹の乳首にしゃぶりついた
1人の女子の胸に2人の男がしゃぶりついているのは、おかしいんじゃないだろうかと今は思う

美樹「ちょっとストップ、はいやめるー」
2人は少し俺たちから離れた
美樹「舐めたい気持ちもわからなくもないけどちょっと待って。1度やめよう」
三田「なんでですか、もういいじゃないですか」
三田は俺ら3人の中でも1番溜まっているようだった

美樹「なんでっていうか、ちょっといきなりすぎ」
三田「あんだけ胸触らせてくれたんだから、こっちもそれ以上のことしたくなっちゃいますよ」
いきなりすぎたといえばそうかもしれないが、そういうのがO加藤みたいな感じだったのも確かだ

でもなんだかこのままだと姉と美樹の気が変わってしまうかもと思い、
俺「まあとりあえず触るのは1度やめて他のことしよう」
美樹「そうだねー、イサムいいこと言うじゃん」
加藤「じゃあさー、下も脱ぎません?」
姉「下?ってほんとに?」
三田「おお、それは賛成」
美樹「下ねー、どうしよっかなー」
俺「じゃあパンツは履いてていいよ」
美樹「まあそれならいいよー」

これで2人ともパンツ1枚になった
まだやっぱり恥ずかしいらしく2人とも片手で胸を隠している
あとはどうやって最後の1枚を脱がすかだ
ここまできたらやっぱり最後まで見たい
そしてできればしたい 




[ 2019/02/19 ] 姉・妹・他の親族
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する