秘密のエッチ体験談まとめ

人妻と熟女のエピソードを中心に、その他さまざまなエッチな体験談を掲載しています
秘密のエッチ体験談まとめ TOP  >  姉・妹・他の親族 >  姉のブラとパンティ

姉のブラとパンティ

先週の土曜日に、母ちゃんと姉ちゃんが、買い物に行っている間に姉ちゃんの下着と学校の制服を借りた。制服の上着のセーラー服は、肩幅が合わず諦めてスカートも、少し穿いただけ元場所に戻しておいた。
心臓はもうバクバクしてましたが、パンツとブラジャーは気持ち良くてしばらく、着けていました。ブラジャーは、少し小さめでしたが、着け心地が良く、気持ちが良かった。


そろそろ帰って来る時間なので、元の場所に戻そうと姉ちゃんの部屋に入るのを、見られていました。

しかし、そんな事は全然気付かず、上のシャツを脱いだ時に、母ちゃんに見られ、その後、姉ちゃんにも見られてしました。

何も言い訳もできず、その場で母ちゃんに叱られました。
姉ちゃんは「お前も、女性に興味を持つようになったのね。ネットに入れて洗濯機に入れておいて」と言われただけで、いつもは怖い姉ちゃんなのに、叱られませんでした。
その夜は当然ですが、父ちゃんにも叱られました。

風呂から上がり、寝ようと自分の部屋に入ろうとすると、姉ちゃんに呼ばれて部屋に入ると、
「いつも私の居ないあいだにあんな事してるの?」
と聞かれ、
「初めてだよ。前々から、姉ちゃんや母ちゃんの下着に興味があってたまたま姉ちゃんの部屋の扉が少し開いてあたから・・・・」
とその時の事を全部話しました。
最後に姉ちゃんが、「もう今日みたいな事しないで」と叱られました。

先々週の土曜日に家族にばれて以来、気まずい雰囲気だと自分では、思っていました。
特に姉ちゃんとは、食事の時に顔合わせても話もしてませんでした。

とこが、先週の金曜日の夕飯の時に姉ちゃんが、
「明日、土曜日で学校もないから私の下着履く?母ちゃんには、私から話をしてあげるから。履きたいでしょ?」
と言われ、うなずくと姉ちゃんの下着を風呂の時に用意してくれていた。

自分としては、ブラジャーもと期待したのですが、用意してあったのは、パンツだけでした。
朝起きて、顔洗っていると姉ちゃんが起きてきて、「昨夜、変な事しなかったでしょうね?ちょっとパンツみせて」とからかわれたが、「そんな事やらないよ」と答えようとしたら、もういなくなっていた。

本当の所は、元気になっていてやりたかったけど、履かせてもらったばかりで、パンツを
汚したくない気持ちの方が強かった。
姉ちゃんは、また黙って履かれるよりはいいって思ったのかもしれません。

父ちゃんが、仕事にでかけたのを確認してから、
「私の部屋に来な。どうせブラジャーも着けたいのでしょ。でも、ブラジャーだけは、外してからでかけてね」
とブラジャーの着け方と一緒に借りる事ができた。

「約束は守ってね。後、これ以上、私の物に手をださないで」
と言って、出かけて行った。




[ 2019/02/13 ] 姉・妹・他の親族
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する