秘密のエッチ体験談まとめ

人妻と熟女のエピソードを中心に、その他さまざまなエッチな体験談を掲載しています
秘密のエッチ体験談まとめ TOP  >  母親・義母・叔母 >  母とSEX・そのあと3P

母とSEX・そのあと3P

俺が5才のとき、母は離婚し、幼少期の記憶と言えば、貧乏、我慢、そればかりでした。
母が再婚したのは俺が12才のとき、母は36才、新しい父は48才、離婚歴有る医者でした。生活は一変しました。新しい父は俺に非常に優しく、貧乏我慢ばかりの生活から、なに不自由ない生活に変わりました。
三人での生活が二年過ぎて、俺と父が本当の親子みないな関係になれたあたり、優しい羊の皮を被った変態父だと知るようになりました。


俺が中学二年のときです。
面白いの見せてやると、部屋にパソコンを持ってきました。
なになに?と俺がパソコンをのぞき込むと、身動き取れないくらいに縛られ、あそこにバイブを突っ込まれてる女性の画像でした。
最初、それが母だとは思わず、父が別な画像を次々と出していくうちに、母だと気づきました。
優しい父、真面目な母、夫婦ですからセックスするのは当たり前とは思っていましたが、まさかこんなことしてるとは思いもしなかったです。
俺のチンポは熱く硬くなってました。

父を見ると、優しい笑顔でニコニコしていました。
「俺の初めて女の子としたのは14のときだった。お前もしてみたいだろ?」
「え?母さんと?」
「いや、いきなり母さんとじゃなんだから~、とりあえず練習だな」
そう言うと父は、別な画像を見せました。
母よりずっと若い綺麗な女性、普通のスナップみたいな画像でした。

「これならいいだろ?」
「いや、いいとかより、なんで?」
「何事も若いうちから経験しとくのが大事。それが将来のためだと思うからさ」
父の初めての女性は、父の父、つまり祖父の愛人だったそうで、いろんな手解きを受けたそうです。
だからお前もと言われました。
母の淫らな画像を見せたのは、近***に興味があったから、お前の反応を見たかったからだと言われました。

「どうする?いきなり母さんがよいか?これがよいか?」
そりゃエッチに興味ありありの年だし、してみたい、でもいきなり母さんには抵抗ある、俺は父に迫られ、若い女性を選択しました。

その女性の素性を聞いたら、四年ほど前から、父がその女性が住む家賃を肩代わりするかわり、愛人関係を結んでいる人だと言われました。
23才のOL、成美さんと言う女性、父にその女性が住む地図を書いてもらいました。
「次の日曜、行ってみな?連絡しといてあげるから」
父は変わらず優しくニコニコしてました。

俺は次の日曜、半信半疑で父の書いた地図のアパート、305号室を訪ねました。
チャイムを押すと、少し時間を置いてから、ドアが開きました。
画像で見た女性が出てきました。
「あ、あの」
ドキドキしてました。

「直行君ね?入って」
部屋に通され、俺は言われた場所に座りました。
俺は成美さんと父の関係を聞きました。
父から受けた説明、そのままでした。

最初は援での付き合いから、ここの部屋代肩代わりで今は続いているとのことでした。
母の画像を見せられたことも知っていていた成美さんでした。
「お母さんともするの?直行君」
「それはまだなんとも」
「私のこと、お父さんからどのくらい聞いてる?」
「どのくらいって、愛人関係としか」
「そう。でもお父さん、近***に興味あるとか言ったでしょ?」
「はい」

「私ね、父としちゃってたんだよね」
「えっ?父って、実のお父さん?」
「そうよ。中学のとき、うちで彼氏とエッチしてるの、突然帰宅したお父さんに見つかっちゃって、彼氏追い返した直後に、お父さんにやられちゃったの」
「無理矢理ですか?」
「そうね、最初は」
「最初は?」
「そう。でもやっぱり同級生だった彼氏とお父さんでは、格段に差があって、すぐ気持ちよくなっちゃって。頭ではダメとかイヤとか思っても、体は逆の反応していたわ」
「そうなんですか」

「私ってスケベなんだなって思い知らされた。父のエッチに溺れていったわ」
「今もするんですか?」
「今?してないわ。お父さん浮気してるみたいって母が言い出して。まさか浮気相手が実の娘だなんて知ったら、お母さん、どうなっちゃうんだろうと思ったら、自然と止められた。お父さんもわかってくれた」
「そうだったんですか」
「さ、そんな話しより、しましょ?私、年下君初めてだから、うまく先生できないかもしれないけど」

俺は、成美さんに促され服を脱ぐと、成美さんも脱いでくれました。
均整のとれた、綺麗な体、先ほどの話しで緊張はほぐれ、すぐ勃起してました。
成美さんのリードの元、胸を揉んだり乳首を摘んだり、あそこを舐めたりして、無事成美さんと合体出来ました。

「お父さんと親子じゃなく、兄弟になっちゃったね」
いたずらっぽく笑った成美さん。
「一応安全日だけど、つけてないんだから、中で出しちゃダメだからね?」
「はい」
俺は夢中で腰を振ってました。

ヌルヌルした感覚に包まれたチンポ、早々と込み上げてきました。
「成美さん、もう俺、ダメです」
「じゃあ抜いて?ここにオチンチン出して?」
下っ腹部分に手を出した成美さんに従い、抜いてチンポをそこに出すと、成美さんは手でチンポを包み、撫でました。
ピュッピュッとお腹から胸付近に出ました。

「どうだった?」
「気持ち良かったです」
「まだ時間大丈夫?まだできるでしょ?」
「はい。夕方までは」
成美さんは、縮みかけたチンポをフェラしてくれて、すぐまた勃起しました。

夕方までたっぷり、四回して帰りました。
帰ると何も知らない母が出迎えてくれました。
俺が部屋に入ると、父が来ました。
「してきたのか?」
「うん」
「何回してきた?」
「四回」
「気持ち良かったろ?」
「うん」
「そうか。お前も男だな。良かった良かった」
そう言って笑ってました。

「いいか?母さんには内緒だからな?」
「うん」
父は勤務医という仕事柄、夜勤があるのですが、時々夜勤当番じゃないのに夜勤と言って、成美さんのとこに行っていました。
だから俺は日曜、成美さんのとこに通いました。
電話してから行くのですが、時々用があると断られる以外は、たいてい大丈夫でした。
半年ほどたったとき、成美さんに言われました。

「ねえ、最初に聞いたけど、お母さんとするつもりなの?お父さんはさせたいみたいだけど」
「まだわかんない。その後お父さんも何も言わないし」
「そっか。ちょっと考えてみて?君はお母さんから産まれた、いわゆる分身みたいなもの。私とするより、なにか違うとわかるはずよ?」
「それって母さんとしてみなさいってこと?」
「そこまでは言わないけど。今私、直行君と君のお父さんとエッチしてるけど、残念、父と比べると、父にはかなわない。なにか違う格別なものがあったと、今になって思うのよ。けだものみたいな行為なんだけどね」

「そうですか」
「直行君、お母さんの画像見たとき、どう思った?」
「真面目と思っていた母さんが、こんないやらしいとは思わなかった」
「軽蔑した?」
「いえ」
「興奮した?」
「うん」
「私、近***を奨励するわけじゃないけど、してはいけない行為とみんな言うけど、私はいいと思うのよ。ま、自分が父としてたから言えるんだけど」
「母さんとしたくないわけじゃないけど」
「ま、よく考えて」
「うん」

成美さんの言葉を受けて、俺は考えました。
学校から帰り、父の書斎をのぞくと、パソコンがそのまま置いてあり、開くと母さんの名前のフォルダがあり、そこには多数の母の画像がありました。
ほんといやらしい、自分が産まれてきたとこ、パックリとかもありました。

机の中を見ると、DVDが何枚もありました。
仕事関係のやつには、きちんとインデックスがされていて、日付だけ書かれていたDVDを再生してみると、やはり母のいやらしい内容でした。
それを見て俺はオナニーしました。

母の顔が、父の精液に汚されてるのを見て、俺もやりたい、そう思ってました。
そしてこうも思いました。
若い成美さんの体もいいけど、38才の熟れた母の体もいい、そう思うともう一発、オナニーをしてました。

何日かして、父に言いました。
「部屋のDVD、見たよ」
「あぁ、誰かいじったなとは思った。まぁお前しかいないだろうけど。母さんが見るわけないし」
「したくなったか?」
「うん」
「成美にも相当鍛えられただろうしな」
「成長早い、若いから飲み込み早いって言われた」
「そうか」
「母さん、嫌がらないかな?」
「それはわからんな。まぁお膳立ては俺がしてやるから」
「うん」

それからまた何日かして、三人で夕食後、母が片付けに立った隙に、父が俺に耳打ちしました。

「お前の携帯、ワン切りで鳴らすから、鳴ったら部屋に来い。裸ですぐ出来るようにな」
「わかった」
夜11時近くまで待ってました。
なかなか携帯がならない、お膳立てに父が手間取ってるのか、母が承知しないのか、そう思ってました。

俺は部屋で、父から借りた母のいやらしいDVDを見て、臨戦態勢をとっていました。
携帯が鳴りました。
父でした。
部屋に行きました。

母は縛られた上、目隠し、手足はベッドに縛られ、身動きとれない状態にされてました。
そっと部屋に入ると、父は口に人差し指を立て、シーって言うポーズ、そして、行けという身振りをしました。
俺は母に刺さっているバイブを抜きました。

すると母は言いました。
「ねぇもう本物入れて」
すると父が俺の横で言いました。
「あぁもうたまらんから入れるぞ」
すると俺の背中をポンと叩きました。
俺は母にチンポを入れようとしました。

「あ、あれ?なんか変じゃない?」
母は何かいつもと違いを感じとったようです。
俺は黙ってチンポを挿入しました。
「あ?やっぱりなんか変だよ?あなた何してるの?」

目隠し、がんじからめにされてる母は、まさか俺が来てると思ってないようでした。
「そうか?なにも変わったつもりはないが」
父はニヤニヤしながら、とぼけた返事をしました。

俺は腰を振り始めました。
母の縛られて、飛び出た乳房と乳首も自由にしてました。
「ちょっと、やっぱりなんかおかしい。なに?なに?」
俺はただ黙って事をしていました。
成美さんに言われたことを実感してました。

若い成美さんとは違う、奇妙な快感がありました。
「ちょっと、目隠し外してくれない?なんか変だよ?」
「気持ち良くないか?」
父がまたとぼけて返事をしました。

「いや、気持ちいいんだけど、いつもとなんか違う」
「気持ちいいなら、余計なこと言うなよ。体で示してくれないと、つまらないだろ」
すると母は、首をちょっとだけかしげるようにしながら、次第によがり始めました。
「あぁっ!なんかいつもと違って、なんかいい。乱れそう」
「あぁ、乱れたお前を見たいから、たのむ」
俺はひたすら腰を振りました。

母はDVDで見た以上に乱れていました。
「あぁもう、いっちゃういっちゃう」
母がそう言うと、中がキュッと締まりました。
父はそれを見越したように言いました。
「おっ!凄い締め付け、いつも以上だな」
「あぁ、凄い、凄くいい。今日は」
いよいよ母は本格的にいく様子、すると父は目隠しを上にずらしました。

「きゃー!な、なに?なんで?」
凄くおかしかったです、母の反応がです。
「直、なんで、あ、ちょっと、ダメ、いくいくいく~」
俺はそのときになって、やっと声を発しました。
「俺もいくよ母さん」
「いや~~~っ!」

興奮した俺は我を忘れ、母の顔を俺も精液で汚したい願望も忘れ、思いっきり中に大量放出をしました。
母は激しく体をビクつかせ、俺は出る限りの精液をひたすら送り込んでました。

母も俺も、はあはあぜいぜい、息を切らしていました。
それを父は優しい眼差しで見ていました。
縛られ、強制的に開かれた足、その奥の母のあそこから流れる精液、それを見た父が言いました。
「中で出した?」
「うん」

「妊娠しちゃうだろ」
俺は何も言えません。
「なんでこうなるの?ねぇ解いて?」
母はそういって、ちょっともがいていました。
それを見て父は母に問いかけました。
「どうだった?直行にされた気分」
「信じらんない」
母が言いました。

「信じらんないとは?」
「まさかこんなことされると、思ってもなかった。あなたの望むようなこと、全て受け入れてきたけど、まさかここまでとは思わなかった」
「でも気持ち良かったんだろ?」
母は少し黙って、そして言いました。
「うん」

「良かったな、気持ち良かったってよ、直行」
「ちょっと~、もう解いてくれない?」
いそいそと父は母を解きました。
「直、中はないでしょ、中は」
母に言われました。

「ごめん。あまりの良さについ」
「それにあんた、初めてじゃないわね?誰か付き合ってる人、いるの?」
当然、父は成美さんのこと、秘密でしょうから言いませんでした。
「半年くらい付き合った人いたけど、今はもういないよ」
「はぁ、まさかこんなことになるとは」
すると今度は父でした。
「なぁ、俺、まだなんだけど」

「え?え?」
「興奮しちゃってんだ」
そう言って母に迫ってました。
戸惑う母に父が言いました。
「やっちゃったんだから見てるくらいいいだろ?いや直行も入って三人で」
母は仕方ないか、みたいな諦めた様子で、父と母がしてるのを最初見ていた俺、再び興奮して仲良く3Pになりました。

父は母の顔を汚し、俺は父に促され、二度目も中に出しました。

母との関係が出来てしまったあと、俺は成美さんを訪ねました。
そのとき俺は、母とのことを言いました。

「そう、したのね?なら私はもうダメね」
俺はその言葉の意味が最初、わかりませんでした。
でもやってみたらわかりました。
母としてるときの半分も興奮しないんです。

元々、成美さんに好意持っていたわけでなく、やりたいだけでした。
終わったあと、成美さんに言われました。
「イマイチ乗ってなかったようね?わかったでしょ?その味を知ってしまったら。私ではダメなのよ」

その後、成美さんのとこを訪れる回数が減りました。
なくなったわけではありません。
母が妊娠したからです。
そう、俺の子の確率高い、いやほぼ間違いないです。
父は顔射専門でしたから。

私はお構いなしに中や、時々顔でした。
父の年齢を考えても、直、あんただねと母からも言われました。
父は産めと言いました。
そして俺は、高校受験真っ最中に、父親になりました。
籍上は兄弟ですが。
弟が成長したら、弟も交えて、など考えてます。

現在の状況ですが、俺20才学生、父56才相変わらずの勤務医、母44才専業主婦、弟(息子)4才です。
成美さんは一昨年結婚30才、結婚を期に父とは手を切りましたが、父には内緒で俺とだけはまだ付き合いがあります。

寄る年波のせいか、父は二年ほど前から夜の方は弱くなり、病院に出入りしてる薬屋さんから精力剤みたいなのをもらい、なんとかこなすって雰囲気です。

それでもなんともならないことが最近増えた父、四十しごろと言われる年代の母、どっぷり近***という甘い蜜につかった俺と母。

最初は父の陰謀にはめられた形に、やられてしまったものは仕方ないみたいな感じの母でしたが、最近ではもう一人くらい産んじゃえみたいな勢いがある母です。

基本的に、俺と母がするときは、父が見てる元でと父に言われてましたが、父の状況もあり、俺と母だけでしてるのを父は知って知らぬふりをしてると思います。

最近の話なんですが、ウロチョロとやんちゃぶりを発揮するようになった弟に手を焼くことが多くなった母が、バイトから帰ってきたら一緒に寝てました。
布団からはみ出た母のむっちりした足と尻を見て興奮、俺は寝てる母を襲い、弟が数十センチ横に寝てる状況でしてしまいました。

いつもの母、いくときの締め付けにプラス、弟を起こさないようにと、声を出さないようにと込められた力が重なったのか、ギュギュウっと締められ、たまらず中で果てました。

くたっとしてる母のあそこから、母と俺の汁が混ざり合ったものを指先ですくい、寝てる弟の唇にすっと塗りました。
こんな感じです。


[ 2018/10/11 ] 母親・義母・叔母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する