秘密のエッチ体験談まとめ TOP  >  彼氏・彼女・同僚 >  彼女とSEXしてたら彼女の妹に見られたので、ついでに妹も開発した

彼女とSEXしてたら彼女の妹に見られたので、ついでに妹も開発した

あれは・・高校卒業後の大学最初の夏の時でした。
夏休みに女友達数人と米国旅行を計画した晶子は、留学経験のある僕に英語を教えてほしいと姉の雅子に伝え、雅子に頼まれた僕はOKしました。
7月初旬の週末、都内のレストランで雅子、晶子そして僕で食事をし、早速翌々日の日曜日から英語を教えることとなりました。



晶子は、高校卒業後、姉の雅子のマンションの近くに一人暮らしをすることになり、日曜日は雅子といっしょに晶子のマンションに訪ねる約束でした。

話は戻って金曜日の食事の後、晶子を車で送った後、月初めは姉の雅子の安全日なので、当然、この日も雅子のマンションに泊まり、いつものように中だし三昧でした。

翌朝、雅子と僕にとってはまたいつものように、しかも休日の土曜日だと言うこともあり朝からやりまくっていました。

雅子を上にして突き上げていたその時、何か?気配を感じた。
騎乗位ではめていたので雅子の体で死角になりドアが見えなかったのですが、カチャっというドアの音が確かに聞こえた僕は、そのまま体を起こしドアに目をやると、なんと晶子が立って居るではないか(笑)

腰を振って悶えてた雅子も3~4回腰を振った後で僕のドアを見る目で気付いて後ろを振り向き状況を理解。
姉として淫らな姿を妹に見られて、すぐに僕の上から降りるのかと思いきや晶子に向かって「あれ?鍵開いてた?」と一言、ニコリと笑った後、また腰を使い始めた。
これには僕もびっくり(爆)

更に晶子も最初は、その状況に唖然とした表情で立ちすくんでたが
「雅子ちゃんも忙しそうだね」と言い
「雅子ちゃん!MAXの(と聞こえたが?)アイボリーのパンツ貸して」・・・「いいよ」っと普通の会話??

晶子は姉の雅子のことをいつも「雅子ちゃん」と呼んでいる。
晶子は部屋を出て数分後「明日返すね」とおそらく玄関から声をかけた風でそのまま帰ったらしい。
その時も雅子は僕の上で悶えまくり(笑)何も無かったようにそのまま1時間弱やりまくって中だしフィニッシュ。
僕の方が???状態でした(笑)

一戦後、雅子が「晶子は処女じゃないみたいだけど経験も多くないみたいだしエクスタシーもたぶん知らないから開拓してあげて!でも中だしはだめよ、おそらく危険日だし・・明日(日曜日)に抱いてあげてよ」
その時は冗談だと思ったけど・・・実は冗談ではなかった。

翌日の日曜日、約束通り雅子といっしょに晶子のマンションへ。
一時の会話の後、晶子がリビングにノートとペンを持って来て座った。
その時、雅子が
「いけないクリーニング出すの忘れた」と言い「ちょっと出してくる」とそそくさと出ていった。
今思えば・・クリーニング店って日曜日やってたかなぁっと思えるのだが・・・

雅子が出ていった瞬間!晶子が抱きついてきてキスしてきた。
「雅子ちゃんに聞いたでしょ?開拓してぇ、雅子ちゃん公認だし当分帰ってこないから平気」
18歳の割には色っぽかった晶子にたまらず勃起。
ベッドに行かずリビングで早速脱がした。
いやぁ・・姉に劣らず良い体だ。

姉の雅子よりは小ぶりだがDカップはあるバスト、色白、くびれたウエスト、やや大きめだけど形の良いヒップ。
念入りにそして時間をかけて全身を愛撫しおまんこを舐めまくった。
姉同様よく濡れるし声も大きく色っぽい。
舐めながらパンツを脱いだ瞬間、晶子がチンコを握った。
「しゃぶってみるか」の問いにゆっくりうなずく。
体勢を変えてフェラを始めた。

姉と比べると確かにぎこちないが18歳の割には手慣れた感じだ。
5分程しゃぶった後、チンコをじっくり見ながら「やっぱり大きい、雅子ちゃんの言ってた通りだ」と言いまたしゃぶった。
「晶子ちゃんのジュースまた飲みたいなぁ」「69しようよ」また小さくうなづきながら僕にまたがるように体勢を変えしゃぶり続けた。

綺麗なおまんこだ。
昼間で明るいからモロ見える。
指で押し広げながら奥まで舌を入れ音をたてて吸う旅に体がピクンっと動き小さな声を漏らす。
おまんこの下から見える一生懸命チンコをしゃぶる顔はたまらなかった。

「ほしくなったら言えよ、入れてやるから」と言うと
「もう・・ほしい・・でもぉ・・」
「でもぉ?」聞き返すと
「こんな大きいの入るかなぁ」と晶子。

「大丈夫さ」とすかざす体勢を入れ替え、さすがに最初のインサートから騎乗位やバックはかわいそうだと思い、晶子をそっと下に寝かせ
「入るよ」と良いゆっくり、18歳の若くて新鮮なおまんこを味わうようにゆっくりゆっくりインサート。

「あああああぁ」と少しのけぞった後、一気に奥まで入れてやった。
「ああああぁ・・だめ・・いや・・うそぉ」声にならない声を出した後、おまんこがきゅーと締まり体がビクンビクンと反応した。
初エクスタシーだった。
息が少々荒くなり「何か変な感じ」と晶子。
「たぶん今のが小さなエクスタシーだね」と僕。

ピンとこない様子だった。
「じゃーいっぱいいってみるか」と言い終わると同時に少々強めにだけどゆっくりと突いてやった。
締まりは抜群だ。反応も良い。姉に負けず劣らずいい声で泣く。
新鮮だったせいか僕は興奮し一気に突きまくった。

子宮にあたる感覚がたまらく良く時たまピクンピクンと体もおまんこも反応する。汁も凄い量だ。
その後、騎乗位、バック他6体位ほど行い、たぶんその間に絶叫と体、おまんこの反応が4回ほどあったのでいきまくったらしい。
フィニッシュは・・姉の雅子の言葉を思い出し顔面発射した。
口に入った精子はもちろん飲み干したし頬に流れた精子を指を使って舐める姿はたまらなくセクシーだった。

その後、晶子の希望で晶子の汁だらけのチンコを丹念に舐めまくり、尿道に残った精子を吸い上げ、再度インサート。
2時間ほど若くてナイスな体を思いっきり楽しんだ。
今では、毎月後半の晶子の安全日は、毎日中だししている。
姉の雅子も良いが晶子もたまらなく良い。
特に晶子は中だしした後のチンコの尿道に残った精子を吸い上げたり僕を責めるが好きらしい。

一緒に寝てると僕が夜ばいをされる(笑)
上にまたがり僕の両手を押さえて耳を舐めまくり、首を舐め、乳首を舐め、だんだん下に下がってフェラ。
玉袋を丁寧に舐め上げ、そして騎乗位ではめて腰を振り落とす。
抵抗すると怒って「だめぇ、今は私が楽しむのぉ」とガンガン腰を使う。
SEXもフェラかなり上達したね。

生理中もバスルームで中だしSEXをねだるほど成長しました(笑)
当分は・・・楽しませてもらいますよ
今度・・姉の雅子と晶子と僕で3Pをやる予定です。
そしたらまた報告しますね


 
[ 2017/10/07 ] 彼氏・彼女・同僚 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する